contents

our business

無電解ニッケルめっき

特徴

無電解ニッケルめっきは電気ニッケルめっきと異なり、どんな複雑形状品でも完全にめっきがつきます。

寸法公差の厳しい製品に対して有効なめっき加工です。
皮膜組成はニッケルで約90%、リンで約10%含有しています。

めっき析出状態ではほとんど非晶質であり、耐食性は電気ニッケルと同等以上です。
また、熱処理(320℃)を掛けることで硬度をHv500からHv800以上に上昇します。

めっき仕様と処理条件

皮膜組成 Ni:89~91%
p :9~11%
ワークサイズ(mm) 1100×700×2000まで
(微小部品も対応可)
融点 約890℃ 重量 1500kgまで
比重 7.8 材料 鉄鋼、銅材、アルミ材、しんちゅう等
硬度 400~500Hv(析出状態)
700~800Hv(熱処理)
素地状態 公差品、面粗さ指定品は要相談
磁気特性 非磁性(析出状態) 耐蝕性 電気ニッケルより優れる
電気抵抗 60μΩ/cm めっき厚さ 3μm~50μmまで
均一析出性 複雑形状でも全面つきまわり可。精度は所定膜厚の±10%以内 その他 防錆処理
ベーキング処理
(大気下320℃まで)

機能・特性

均一電着性、耐食性、耐磨耗性、耐薬品性

主な用途

シャフト、機械部品、発電部品、何でも承ります。

この表面処理がおすすめの素材

鉄鋼、銅合金、一部アルミニウムも可

ニッケルボロンメッキ(Ni-P-B)

特徴

無電解ニッケル(Ni-P-B)めっきは、無電解ニッケルめっきの均一性と同時に、硬質クロムと同等の硬度を得ることができることが特徴です。硬質クロムの硬度を必要とし、且つ寸法精度が要求される摺動部品等に最適です。
寸法公差の厳しい製品に対して有効なめっき加工です。更に耐衝撃性・耐熱性に優れ、自動車部品等の衝撃磨耗部や高温部に、また、ハンダ付け性・事務機器・電気部品等の摺動部品に適しています。

耐食性は、めっき皮膜が柱状組織で結晶化し、単独では素地に対する防食抵抗が無電解ニッケル(Ni-P)めっきよりやや劣り、通常は下地にNi-Pを施し耐食性を保った後に施工致します。

めっき仕様と処理条件

皮膜組成 Ni:97~98%
p :1.5~2.5%、B :1%以下
ワークサイズ(mm) ご相談承ります
(微小部品も対応可)
融点 約1200℃ 重量 1500kgまで
比重 8.6 材料 鉄鋼、銅材、アルミ等
硬度 700Hv(析出状態)
800Hv以上(熱処理)
素地状態 公差品、面粗さ指定品は要相談
磁気特性 強磁性 耐蝕性 無電解ニッケル(Ni-P)より劣る
電気抵抗 30~42μΩ/cm めっき厚さ 20μmまで(下地に無電解Ni-P)
均一析出性 複雑形状でも全面つきまわり可。精度は所定膜厚の±10%以内 その他 防錆処理
ベーキング処理
(大気下320℃まで)

機能・特性

均一電着性、耐磨耗性、耐熱性、耐衝撃性

主な用途

シャフト、フランジ、のこぎり等

この表面処理がおすすめの素材

鉄鋼、銅合金、一部アルミニウムも可

無電解ニッケルイメージ2
pagetop