contents

our business

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケル-リンめっき

特徴

均一被覆性
無電解ニッケル-リンめっきは電気ニッケルめっきと異なり電気を使用しない為、電流分布の影響を受けません。よって複雑形状品でも均一にめっきを被覆することが可能です。寸法公差の厳しい製品に対して有効なめっき加工です。

耐食性・耐薬品性
めっき析出状態では非晶質の皮膜です。皮膜中に10%のリンを含有しており、電気ニッケルと比較して酸に対して強い皮膜です。アルカリに対しては電気ニッケルと同等の強さです。

耐摩耗性
熱処理(320℃)を行うことでビッカーズ硬度をHv500からHv800以上に上昇させることが出来ます。

出張めっき
当社では大型部品など移動が困難な品物について、出張での無電解ニッケルめっき施工も請け負っております。

めっき仕様と処理条件

皮膜組成 Ni:89~91%
p :9~11%
ワークサイズ(mm) 1100×700×2000まで
(微小部品も対応可)
融点 約890℃ 重量 1500kgまで
比重 7.8 材料 鉄鋼、銅材、アルミ材、しんちゅう等
硬度 400~500Hv(析出状態)
700~800Hv(熱処理)
素地状態 公差品、面粗さ指定品は要相談
磁気特性 非磁性(析出状態) 耐蝕性 電気ニッケルより優れる
電気抵抗 60μΩ/cm めっき厚さ 3μm~50μmまで
均一析出性 複雑形状でも全面つきまわり可。精度は所定膜厚の±10%以内 その他 防錆処理
ベーキング処理
(大気下320℃まで)

機能・特性

均一被覆性、耐食性、耐薬品性、耐摩耗性

主な用途

シャフト、機械部品、発電部品、何でも承ります。

この表面処理がおすすめの素材

鉄鋼、銅合金、アルミニウム

無電解ニッケル出張めっきの実績(大型シャフトの一部に施工)

2019年9月現在

年度 長さ 本数
2001年 φ2.3m 4m 1本
2008年 φ2.0m 9m 1本
2009年 φ3.0m 8m 1本
2010年 φ3.0m 6m 1本
2011年 φ3.0m 9m 1本
2012年 φ3.0m 6m 1本
2014年 φ2.5m 5m 1本
2014年 φ3.0m 3m 1本
2015年 φ2.5m 5m 1本
2016年 φ3.0m 6m 1本
2017年 φ2.0m 9m 1本
2018年 φ2.0m 9m 2本
2019年 φ2.0m 9m 1本

無電解ニッケル-ボロン-リンめっき(Ni-P-B)

特徴

均一被覆性
無電解めっきの為、均一被覆性に優れております。

耐摩耗性
めっき析出状態でもビッカーズ硬度Hv700があり、無電解ニッケル-リンよりも摩耗に強い皮膜となっております。

耐熱性・耐衝撃性
無電解ニッケル-リンめっきと比較して熱に強く、また強い靭性により衝撃に強い皮膜です。自動車部品等の衝撃摩耗部や高温部に使用されております。

ハンダ付け性
無電解ニッケル-リンめっきと比べてハンダ付け性に優れる皮膜です。

めっき仕様と処理条件

皮膜組成 Ni:97~98%
p :1.5~2.5%、B :1%以下
ワークサイズ(mm) ご相談承ります
(微小部品も対応可)
融点 約1200℃ 重量 1500kgまで
比重 8.6 材料 鉄鋼、銅材、アルミ等
硬度 700Hv(析出状態)
800Hv以上(熱処理)
素地状態 公差品、面粗さ指定品は要相談
磁気特性 強磁性 耐蝕性 無電解ニッケル(Ni-P)より劣る
電気抵抗 30~42μΩ/cm めっき厚さ 20μmまで(下地に無電解Ni-P)
均一析出性 複雑形状でも全面つきまわり可。精度は所定膜厚の±10%以内 その他 防錆処理
ベーキング処理
(大気下320℃まで)

機能・特性

均一被覆性、耐摩耗性、耐熱性、耐衝撃性、ハンダ付け性

主な用途

シャフト、フランジ、のこぎり等

この表面処理がおすすめの素材

鉄鋼、銅合金、アルミニウム

無電解ニッケルイメージ2
pagetop